スポンサーサイト

  • 2008.03.12 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


2008/01/15 石垣島生活一日目 〜到着〜

080115_1324~01.jpg
分厚い雲の層を突き抜けると、緑色の海が見えた。

関空から空路2時間40分。石垣島は、同じ沖縄・本島から450km離れているという。この距離は、東京−大阪間に匹敵するのだとか。

生憎の曇空だったけど、さすが海が綺麗。
大阪の海はネイビーブルーだったが、本当に水が澄んでいる海の色はエメラルドグリーンだと思う。

手荷物を受け取り出たが、迎えに来てくださるはずのトモコさんらしき人影が見当たらない
仕方なく電話を掛けてみることにした。

もしもし着きましたが?
「あぁ近くに居るからすぐに向かうわ。駐車場があるでしょう?その真ん中で待ってて」

はぁい

ん?

百台は止まっているかと思われるこれの真ん中ってどの辺??

てーげーな待ち合わせに不安募らせていると、意外にもトモコさんの方が見つけてくださった。
「ごめんね仕事の途中なもので」
荷台には山程のきゅうりが積まれていた

そのまま卸先を廻ることに
スーパーの裏側を見れたりと、仕事前日から貴重な体験をした。

お世話になるハナタニさん家に着いたのは二時間半後。
赤瓦の屋根の下で旦那さんのタツロウさんが迎えてくださった。

今日から約2ヶ月、農業の手伝いをしながらの石垣島生活が始まる。

2008/01/15 石垣島一日目 〜ムーチー〜

080115_2030~01.jpg
その日の夜…

ムーチーを作りました。

ムーチーとは、簡単に言うと、旧暦の12月8日に、無病息災を願ってお餅を作る、沖縄の行事です。

お餅を、サンニン(月桃)という独特の香りがする大きな葉っぱで包んで蒸すのです。

写真のは黒糖の粉が混ざってます。紅芋[べにいも]の粉を混ぜた紫色のも作りましたよ。

年の数だけ紐で結んで吊るし、旧正月までに食べきるのだとか言われてます
…でももうこの年になると食べきれないよなぁ

ちなみに、ムーチーを食すころにやって来る寒波をムーチービーサーと言います。

2008/01/16 石垣島二日目 〜作業開始〜

080116_0827~01.jpg
朝6時半。雨音で目覚めた。
外はまだ真っ暗。

〔一日の流れ〕
7時 朝食
8時 午前の作業
12時 昼食・休憩
14時 午後の作業
18時 終了・夕食

初仕事となる午前の作業は、ゴーヤーの交配でした。

ビニールハウスの中で育っているので、人工的に受粉させないとなかなか実がならないのです。

でもただ雄しべの花粉を雌しべにつければ良いってもんじゃあない。

雌花の子房(小中の理科で習いましたよね?笑)の大きさや形を見て、良いものを選んで交配するのです。

しかも花はあちこちに咲いているから探しもって

単純作業だけど見落とさないようにするのは結構タイヘン。

慎重にやっていると別作業をしに来たタツロウさんから一言
「もっと早くしないと。10時までに終わらせるんだから」

その言葉が後にすごい重みを伴うとも知らず、慣れない私はあまり変わらぬペースで続けました。

30分後、一つ目のハウスをやり終え出てきた時、現実を知りました。

同じ大きさのハウスがあと9棟。

二人でやってるから…ヤバい!時間足らないっ

慌ててペース上げたのでした。

午後はゴーヤーの吊るし作業をしましたが
この話は次回以降に♪

2008/01/16 石垣島二日目 〜ゴーヤー吊り〜

080116_1111~01.jpg
午後はゴーヤー吊りをしました。

写真に写ってくれたのは、私と同じようにお手伝いをしているトモちゃんです。

見にくいですが、右端の方でビニル紐に引っ張られたゴーヤーありますよね?

そのまま引っ張った状態で、結んだ紐をちょうど彼女の真上にある別紐に結ぶのです。
この繰り返しを全10棟分

何故こういうことをするのか?

ゴーヤーをなるべく日光にあたるようにするためらしいです。

太陽に当てないとあの緑色にならないのだとか(白っぽくなる)
するとB級品になっちゃうのです…

花がアチコチに咲くので葉っぱに隠れた実も結構あるんですょ

それを探しては葉っぱの陰から引っ張り出し、一つずつ吊るして結んでいく…

商品を作るって、ほんと手間かかるなぁと思います。

2008/01/17 石垣島3日目 〜異変〜

今日も朝からゴーヤー吊り。

たくさんあるので4人がかりでやっても半日ではとても終わりません。

頑張るぞ!とハウスに入った…までは良かったのですが。

その時私の内面に異変が

ものすごい圧迫感と息苦しさ、勝手に震えだす身体。

昔やらかした閉鎖空間恐怖症が…
これのせいで教室や体育館・電車とか入れなくなったことがあるけど
治ってたはずやし、昨日は全然平気だったのに…

仕事出来なくなる。焦りました。

事情知ってる人に電話して愚痴ろうと思いました
幸いポケットにケータイがある
苦しい。楽になりたい。家に帰りたい。

でも…

変わるためにきたのに、人に頼ってばかりじゃ意味がない。

幸いこのハウスには私一人だけ。

出した結論は…

落ち着くまで恐怖に委せ涙流しながら作業続けました。

15分くらい泣いてたかなぁ

なんとか収まり、その後は支障なく仕事できました。


夜にその事を思い出して、気付いたことがあります
帰りたいって思った理由

三年前の沖縄一人生活では感じなかった

ホームシックだ…

ずっとどこで死んでもいいやって思ってたのに、いつの間にか帰りたい場所が出来てたんだなぁ…

2008/01/17 石垣島3日目 〜除草〜

080117_1451~01.jpg
午後は雑草抜きをしました。

一本一本手で引っこ抜きます。
スズキさん、ばっちりカメラ目線(笑)

4時間ほどで何故か太股が筋肉痛ですが
やっぱ外は良いです。

ビニールハウスも緑があって気持ち良いのだけど、外の空気とは違うように感じます。
息苦しくならないもん。

クタクタに疲れましたが

これで少しは痩せるかなぁ〜(笑)

2008/01/18 石垣島4日目 〜大収穫なり〜

080118_1546~01.jpg
4日目にしてやっと太陽が顔を出しました。

今日はカボチャの収穫です。

一個一個切っていき、軽く拭いて泥を落とし、箱に詰めていきます。

半日5人がかりで、写真の量×4 収穫しましたょ。

あとは切り口を乾かして、カボチャ洗浄機(!)なるものにかけてきれいにし、チェックかけたら出荷できるのだそう。

しかし、大変なことはたくさんあって

・苗の両端に防風林を植える
・実に傷がつかないようクッション(ワラやススキなど)を敷く
・日光に当て実全体の色を良くするために、定期的に実の向きを変える
・専用のハサミで切り収穫する(でないと切り口の見栄えが悪くなって安物扱いされる)

etc…

お店に並べるためにこんなにも気を遣わなくちゃいけない。

みなさん。
頑張って作ってますので
少々形が悪くても食べてくださいね?

味は抜群ですから〜

2008/01/18 石垣島4日目 〜あわや大惨事〜

キッカケは同室の鎌ちゃんの一言でした。

『マニュアル運転できるようになって?』

私の四輪免許取得は半年前、中型免許制度が始まる直前でした。
しかも取得したものの乗る機会がなく

気付けばペーパー歴半年

でも乗りたかったんです!
そしたら作業車がMT車だったんです!

早速タツロウさんにお伺いをたてました。

あの、私ペーパーなんですけど、練習させてもらえませんか?

「へぇ〜ぺーパーねぇ?」

…二度も強調されてしまいました。

でもそこは負けず嫌いの私。
可能な事はすべて経験して帰りたい。

作業終了後、行きを運転してくださったスズキさんに再挑戦。

運転してみたいんですけど…

「あぁえぇよ」

あっさりOK
デビューの瞬間

ちゃんと動くよ!

予想以上の出来に調子にのったのが失敗でした。

すこしスピード上げたらT字路

だけど減速ギアがうまく入らない。
ギアチェンに気を取られ

あ、ブレーキは?

…気付けばすごい勢いで車線に飛び出し壁にぶつかりかけスレスレで方向転換ストーップ

…車来てたら間違いなく事故ってました。
同乗者が絶叫したのは言うまでもなく。

寿命縮めさせてごめんなさい
明日は安全運転します。

2008/01/19 石垣島5日目 〜青空〜

080119_0921~01.jpg
今日は快晴〜
昼間は半袖でも汗ばむ陽気でした。

午前中は、昨日収穫したカボチャの後片付けをしました。

最近一緒に作業することの多いトモちゃんが持っているのが、カボチャのツルです。
それと散らばっている白いクッション材を片付け、黒い灌水チューブを避けます。


街の方は結構騒がしいらしいですが、ここは農地ばかりと言っても過言ではない場所。

車の走る音も一時間に一度あるかくらい。
360℃自然ばかりです。

日光を浴びながら体をめいっぱい動かして、ぐっすり眠る。

健康的な生活してるなぁって思います。

ほんの先週は京都にいたなんて考えられない。

本気で沖縄に定住したいです。

2008/01/19 石垣島5日目 〜道具との闘い〜

080119_1715~01.jpg
午後は…

ワラをクマデで寄せたり、鎌でソロボ(両脇に植われてる防風林)の高さを整えたり。

田舎すらなかった私

もちろんクマデも草刈り鎌も初体験。

見よう見まねで使い始めましたが、相当手こずりました。

スズキさんはカッコいいくらい手際良いのですけど

鎌を使えば、自分の脚を切りそうになり
クマデを使えば、掻き分けるより残っている方が多い有り様。

必死にやってるうちに擦れて指の皮剥けるし…

のどかな時間の中で、かなり必死でした。

でも
この仕事は『みんなでやるノルマ』=みんなで収穫、みんなで草刈り、とか言った具合。だから早く終わった人は当たり前に他の人を手伝う。

それに、早くできる方が良いではあるけど、自分のペースでやっても誰も怒らない。

誰かの動きを気にしたりせず、ただ目の前のことに集中出来る。

そして、各自一人で黙々
…無理に喋る必要も、一人話題に入れないことも、誰かの悪口に相づちを打つことも

全てしなくていい!

居心地いいなぁと思います。

自分にはこんな仕事が肌に合ってるのかもしれません。

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM